小さな会社のための、気軽に相談できる税理士

logo

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > サービス一覧 > 法人設立した時に必要な届出

法人を設立したときに必要な届出

法人設立の届出はもうお済みですか?

税務署に提出するもの

  • 法人設立届出書(定款の写し・登記簿謄本を添付する)
    「設立時の貸借対照表」「株主等の名簿の写し」など
  • 源泉所得税関係の届出書
    「給与支払事務所等の開設届出書」
    「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」など
  • 消費税関連の届出書
  • 青色申告承認申請書(その他必要に応じて)

福岡県税事務所に提出するもの

  • 法人設立届出書(定款の写し・登記簿謄本を添付する)

青色申告の届出はもうお済みですか?

青色申告の届出には、定められた期限があり、
期限を過ぎてしまうと思わぬ損をすることがあります。

青色申告をしていると、
万が一赤字がでてしまった場合でも、翌年以降に持ち越せます。

例えば、

第1期に100万円の赤字が出たとします。

第2期に150万円の黒字が出た場合
150万-100万=50万に税金がかかることになります。

ところが、

青色申告ではない場合150万に税金がかかってしまいその差は30万にもなります。

※青色申告の承認申請書の届出の時期が遅れると、赤字を翌期に繰り越す規定を適用できなくなってしまうため、来期以降の税金が高くなってしまう場合もあり、注意が必要です。

無料相談会 実施中

新設法人後の届出書類
作成代行サービス 実施中!

通常 10,500円5,250円 にて
承っております。この機会をお見逃しなく!

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 福岡春日店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら